読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半田の彼岸花

毎年ヒガンバナの季節になると半田の矢勝川まで出かけている。彼岸花を撮るだけなら何処でも良いのだが、ごんぎつねの童話にちなんだ半田の彼岸花は特別な思いがするのである。思い起こせばすでに10年以上も通い続けているが、訪れる度に新見南吉のゆかりの地に足を運んでいる。生家も養家もなぜか懐かしいような気がして何度覗いても飽きることは無いのだ。 f:id:hiroro5:20160925102544j:plain

f:id:hiroro5:20160925101555j:plain

f:id:hiroro5:20160925103403j:plain

彼岸花の季節

夏が過ぎて彼岸を迎えて、少しだけ涼しくなってきた。あれほど騒がしかった蝉の声ももうほとんど聞く事も無く、ふと時の流れに気付いたりするそんな時期に、燃えるように咲く彼岸花の花たち。こんなにも赤く咲いているのに、なんとなく物寂しい気分にさせるのは何故なんだろう。

FUJIFILM X-T10 XF60mmF2.4 R Macrof:id:hiroro5:20160924095548j:plain

f:id:hiroro5:20160924095427j:plain

f:id:hiroro5:20160924095737j:plain

田原まつりの日に

祭りの写真を撮るのに単焦点の35mmを持って出かけた。いつも広角と望遠をどうしようかと迷うのだが、広角と望遠はコンデジで良いかなと思うようになった。花を取るならマクロで撮りたいし、祭りや街並みは35mmが丁度良い。今回は祭りを撮るので35mmとコンデジで勝負したい。ちなみに動画もコンデジで撮っている。

FUJIFILM X-T10 XF35mmF1.4 Rf:id:hiroro5:20160917100007j:plain

f:id:hiroro5:20160917121150j:plain

f:id:hiroro5:20160917122304j:plain

f:id:hiroro5:20160917111058j:plain

f:id:hiroro5:20160917100822j:plain

伊良湖岬の花巡り

ハマカンゾウが咲く頃なので伊良湖へ行こうと思う。伊良湖のハマカンゾウは2003年以来13年ぶりになる。当時CanonのPowerShot G2で撮影しているので意外なほど綺麗に撮れていて我ながら驚いてしまった。G2はデジタルの一眼が無い時代のコンデジで400万画素しかないが12万円ほどもした高級デジカメで写りがとても良かったのを思い出した。あれから13年も経ってデジカメも進化しているが、思っていた以上によく撮れていたんだなぁと思う。

朝5:58発の豊橋行に乗り、渥美線の新豊橋を6:11発の田原行に乗る。6:08着の豊橋駅から新豊橋駅まで自分なりに精一杯走ったが6:11はギリギリで、渥美線のホームで待っている駅員さんと乗務員さんが手を降って待っていてくれた。田原駅前発の伊良湖行バスは7:40なので多分余裕で間に合いそう。7:40発の次は9:00発になるので頑張って7:40発に乗らないとね。田原着が何時になるか解れば6:11発の後でも間に合うかもしれない。とりあえずここ迄はセーフという事で。田原駅には6:47頃に到着。6:49発のバスがあったがモタモタしている内に出てしまった。仕方ないので駅周辺の史跡巡りをしてみることにする。さて7:40発の伊良湖行バスに乗り8:35頃到着。道の駅でパンと飲み物を買って、歩道橋を渡って山側へ渡り、林道を歩いて野草の写真を撮りながら恋路ヶ浜へ向う。林道沿いは草刈りがしてあって花はほとんど咲いていなかった。恋路ヶ浜をぐるっと一周してみたがハマゴウが少し咲いているだけだった。灯台側の道を行くとネコノシタが咲いている。ハマカンゾウは少しだけしか咲いていなくて残念だった。道の駅まで戻り10:15発の豊橋駅行きのバスに乗って帰ることにする。

f:id:hiroro5:20160910092126j:plain

f:id:hiroro5:20160910093120j:plain

f:id:hiroro5:20160910100052j:plain

f:id:hiroro5:20160910095600j:plain

明智と岩村の旅

朝5:33発の電車で金山まで行き、金山からJRで恵那まで行く。恵那から明智鉄道で終点の明智まで行く。思い返すと愛知万博の年に初めて訪れたのでもう11年になる。その後も何度か訪れているが今回は今村城址へも行ってみようと思う。
7:50恵那に到着、7:58発の明知鉄道に乗り換える。一日フリー切符\1380を買ってアチコチ気ままに散策しようと思う。
さて8:47に明智に到着、さっそく明智の森まで歩いてゆく。明智の森ではお目当てのシラヒゲソウが咲き始めていた。今日は一週間ほど早かったのでまだ数輪しか咲いていないが新鮮な状態の花を撮ることができた。他にもママコナやサワギキョウ、タムラソウなどを撮ることができた。

お目当ての花は撮れたので駅に戻り岩村まで行く。岩村の城下町を散策し、山の上の岩村城址を目指す。岩村城址は距離こそあまり無いが、それでも山城なので足の悪い僕には至難の業とも言える大変なことで、途中で何度も休みながら頂上の本丸跡まで登った。9月とは言えまだ暑い時期なので汗が止まらない。道中、自販機などあるはずもなく干乾びる思いをして山を降りた。町中の自販機でスポーツドリンクを飲み干してホッと一息つくことができた。岩村駅まで戻り切符売り場で記念に極楽行きの切符を買った。恵那まで戻るともう夕方の5時を過ぎていた。17:26発の名古屋行に乗り帰途につく。

f:id:hiroro5:20160903095344j:plain

f:id:hiroro5:20160903153108j:plain

f:id:hiroro5:20160903131243j:plain

f:id:hiroro5:20160903152703j:plain

f:id:hiroro5:20160903154538j:plain

奥三河東栄町の旅

飯田線豊川駅を7:19発の中部天竜行きに乗り東栄まで出かけた。
今頃は秋海棠が咲き始めている頃だろう。キツネノカミソリも運が良ければ見られるかもしれない。できれば咲いていることを願いつつ暫くは各駅停車の旅を楽しむことにしよう。台風が近づいているようで明日の日曜日は天気が崩れるらしい。今日は薄曇りなので花の撮影には丁度良さそうだ。東栄に着くとぐるりんバスが待っていた。何処まで行っても100円で行ってくれる。本郷で降りて変電所まで歩く。木々の中に秋海棠が咲き始めている。ノカンゾウやヤブラン、ヤマホトトギスなどが咲いていたが、キツネノカミソリは残念ながら遅かったようだ。ゆっくり散策してバス停に戻り帰途についた。

f:id:hiroro5:20160827102328j:plain

f:id:hiroro5:20160827103102j:plain

f:id:hiroro5:20160827092939j:plain