みちくさ彩時記

陽のあたる路をのんびり歩くよう人生でありたい。

16/04/16(土)常滑やきもの散策路

何年かぶりで常滑の街まで行こうと思う。途中で大草城と大野城へも行きたい。
名鉄常滑線の大野町駅で下車して約1kmほど歩くと大草城がある。
大野城も1kmほど離れた山の上にあり、2つの城跡は共に大野町駅からとても近い場所にある。以前来たときの記憶はすっかり忘れていてスマホのナビを頼りに歩いた。
昔はスマホなんて無かったから不便だったよなぁ。無ければ無いなりに地図のコピーでも持ってきたんだろうけど、地図といえば昔はパソコンで地図を見るのも一苦労だった。DVDすら無くてCD-ROMで地域別のソフトを買って見ていた。せっかく買ってもデータはすぐに古くなってしまうし、今はNETで最新の情報が無料で見られるし、スマホでも簡単にリアルタイムでナビゲーションまでしてくれる。昔を思うと至れり尽くせりのネット社会が夢のようである。これから何処まで便利になるのかわからないが良い時代だなぁとつくづく思ったりして。
話は戻るが大草城は思っていたよりも城跡らしく遺構が良く保存されていると思った。
土塁や堀が良く整備されているが説明看板が何処にも見当たらず。なんでかなぁと思いつつ大野城へ向かうことにする。この辺りは丁度春祭りの最中らしくあちこちにポスターが貼ってありお囃子が聞こえたりする。大野城はこちらも以前の記憶とかなり違って意外と高くまで登らなくてはいけなかった。何段もの階段を登りすっかり疲れてしまったが頂上の城(展望台)は記憶のままだった。
大野町駅に戻り常滑へ移動する。常滑駅を降りて暫く行くと焼き物散策路の案内がある。写真を撮りながらのんびり散策することにしよう。途中で常滑焼という名のたい焼き風の菓子が売られていたので抹茶あずきを買った。温かかったが熱いほどではなくペロリと食べた。150円なり。散策路はアチコチに入り組んでいてぐるっと廻ったつもりがまた同じ場所に出たりしながら行ったり来たりと、なかなか飽きの来ない良い感じに癒される町並みで楽しかった。土産物屋ばかりが観光地でもなく落ち着いて楽しめる雰囲気が良い。行きは神宮前から普通に乗って大野町で下車したが帰りは常滑駅から特急に乗って早く帰ってきた。

FUJIFILM X30

f:id:hiroro5:20160416090352j:plain

f:id:hiroro5:20160416100820j:plain

f:id:hiroro5:20160416135943j:plain

 

FUJIFILM X-T10 XF35mmF1.4 R

f:id:hiroro5:20160416120705j:plain